header


広島電鉄 650形路面電車

654号


ヌマジ交通ミュージアムの屋外広場には、広島電鉄650形654号が展示されています。


昭和17年(1942年)10月に製造された、広島電鉄オリジナル仕様の電車です。

昭和20年(1945年)8月6日の原爆投下により、江波付近で大破しましたが

翌年の昭和21年(1946年)2月に復旧しました。


その後、低床化やワンマン化などの改造を施されながら

平成18年(2006年)6月まで、広島の街を走り続けてきました。


平成27年(2015年)の被爆70周年を機に、被爆当時の塗装が復元されました。




654号  ■ 650形電車の主要諸元


  車体:半鋼製ボギー車

  製造両数:5両

  製造所:木南車輛

  自重:16.28トン

  定員:80人(内座席32人)

  制御方式:直接制御


  全長:12.38m

  全幅:2.438m

  パンタグラフ折りたたみ時の高さ:3.839m 




654号

■ 車内公開について


原則として毎月第3土曜日に公開します。


※詳細は、 体験ガイド をご覧ください。


外観については、工事などがない限り、開館時間中いつでもご覧いただけます。