企画展・イベント詳細

  • Twitter
  • Facebook
  • 
 LINE
企画展
令和3年度秋季企画展「アートな乗り物」
乗り物?アート?関係ないと思うかもしれません。乗り物は、動くだけでも目的を達成しますが、アートや技巧を凝らすことで、乗る者あるいは見ている者をワクワクさせてきました。古今東西作られてきた独創的な乗り物の一端を「魅せる」ことで、乗り物の新たな側面に注目します。実車や模型、写真等で、様々な「アートな乗り物」をお楽しみください。

おもな展示内容

  • 「マツダ魁CONCEPT」(マツダ株式会社所蔵・実物)
  • 「ル・コルビュジェのマキシマムカー」(広島市現代美術館所蔵・実物大模型)
  • 動物をモチーフとした木彫りのクルマ(個人蔵・三松拓真氏作・実物)
  • 「電動アシスト車いすデザインコンセプトモデル「02GEN」」(ヤマハ発動機株式会社所蔵・実物)
  • 「カスタムバイク Dirty Pigeon」(平和モーターサイクル提供・実物)
  • 「シーパセオ」(瀬戸内海汽船株式会社所蔵・模型)
  • 「poimo」(空気で膨らむ乗り物)(東京大学大学院 情報理工学系研究科 新山研究室・東京大学大学院 工学系研究科 川原研究室・mercari R4D 提供・実物)

関連事業

  • 「どこかで?ゲンビ」IN ヌマジ交通ミュージアム
    「まちなかのどこかであなたとゲンビがふとであう」のキャッチコピーのもと、現在休館中の広島市現代美術館が各地で展示を展開しています。その活動の一環として、乗り物をモチーフ、もしくは連想させる作品を展示します。
会期 2021年10月7日(木)~11月28日(日)
会期中の休館日 毎週月曜日、11月4日(木)・24日(水)
会場 2階特別展示室ほか
協力(敬称略) 飯田市/宇都宮市/おかやま山陽高校自動車科/長船友則/加藤一孝/瀬戸内海汽船株式会社/株式会社ダックツアー・タイコー/東京大学大学院 工学系研究科 川原研究室/東京大学大学院 情報理工学系研究科 新山研究室/トヨタ博物館/日本電気株式会社/比治山大学短期大学部美術科/広島市環境局施設部中工場/広島市現代美術館/平和モーターサイクル/マツダ株式会社/三桝正典/三松拓真/株式会社モリタホールディングス/ヤマハ発動機株式会社/株式会社ラングスジャパン/mercari R4D/WILLER株式会社/株式会社ZMP
料金 展示室入場料が必要です